2004年最後にビックリ!母強し!!
あけましておめでとうございます。
管理人のこういちです。

昨日の深夜(30日の深夜。厳密に言えば31日ですね)、久々に母親と長話をしました。
うちは家族間の会話が極端に少なく、滅多なことでは話さないので、新鮮でした。
別に不仲なわけでありませんがね。

僕の仕事の話や、近況報告、外貨預金や為替の動きなんかについて話してひと段落ついたそのとき、母親がふと口を開きました。

母 「昨日さ、面白いことがあってね」

おれ「おうおう。なに?」

母 「ははははは(笑)」



いきなり笑い始める母・・・

おれ「なんだよ!どうしたんだよ!」

母 「あのね、ちょっと痔かな~?と思って昨日病院に行ってきたのよ」

おれ「マジで?痔だったのかよ」

母 「それがさ~、痔だと思ったから肛門科に行ったんだけどね」

おれ「うんうん」

母 「診てもらったら子宮筋腫ですよ!!って言われちゃってさ~ はははははは(笑)」

おれ「・・・・・」

母 「出血してたもんだから、てっきり痔だと思って肛門科行っちゃったんだけどね、笑ったわよ~」

おれ「いや、笑ってる場合じゃないじゃんよ!」

母 「お医者さんもなんか慌てちゃってね、今すぐ婦人科に行ってください!とか言うわけよ」

おれ「大丈夫なのかよ・・・」

母 「すぐ入院してくれって言われたんだけど、私元気でしょ?だから、入院はイヤデス!って言ってやったのよ。仕事もあるし」

おれ「入院しとけよ!治るんだったらそのほうがいいじゃんよ!!」

母 「でもね、もう筋腫が出てきちゃってるから、手術は無理なんだって。勝手に出てくるらしいから薬だけもらって帰ってきちゃった」

おれ「まぁ、大したことないならそれでいいんだけどさ・・・無理もほどほどにしてくれよ・・・?」

母 「頑張って稼いでね!」

おれ「あぁ・・・」

なんていう会話が繰り広げられたのですが・・・・ひとつだけ母に言いたい!!


頼むから肛門大事なところの区別くらいつけてくれ!!母よ!!!



2004年も終わろうかというときに、自分の母親の偉大さを改めて思い知った管理人のこういちでした。
[PR]
by kouichi_311 | 2005-01-01 03:10 | 管理人の戯言
<< 民放は魔裟斗vs山本“KID”... Perlの教則本で・・・ >>