冬ソナ映画化!キャスティングは白紙
【龍平(ヨンピョン=韓国)8日=羽生信彦】韓国ドラマ「冬のソナタ」のユン・ソクホ監督(47)が、同ドラマを映画化する構想を持っていることを明かした。龍平のホテルで行われた冬ソナ・ミニコンサートに参加。日本人観光客の前であいさつし「冬のソナタの映画をつくりたいと思っています。皆さんがこのドラマを忘れないように」と語った。
(gooニュースより)

おれ「キャスティングは白紙!ってすげーよな」

S「あぁ。これでヨン様が出演しなかったら、劇場ガラガラだぞ・・・」

おれ「一応監督としては出演させる方向で考えてるみたいだけどね」

S「断られちゃったりしたらどーすんだろね?」

おれ「そのときはあきらめるんじゃないの? だって作ったところでダメなの目に見えてるじゃん?」

S「いや、そうとも限らないぞ?」



おれ「そうかな~」

S「だって、ヨン様人気って日本ではものすごいことになってるけど、韓国では大したことないらしいじゃん?」

おれ「あ、そうだったね」

S「そこで、韓国ですげー人気あるヤツを主役に置いてよ! 映画化しちゃったらバカウケ間違いなしだべ?」

おれ「だよなぁ。 日本で受けなくても全然OKだし・・・」

S「そうだよ。 これは韓国の話なんだから、日本基準で考えたらダメ!」

おれ「すいませんね・・・」

S「しっかし、監督もこのドラマを忘れないように映画化するってかっこいいこと言ってるよなぁ」

おれ「映画化しなくたって忘れないだろって話もあるけどな。日本では」

S「冬ソナツアーなんかに行った人は絶対忘れないって!」

おれ「下手したらセリフ覚えまくってる人とかいるかもしれないぜ?」

S「だんなさんをヨン様役にして・・・」

おれ「やっぱりあんたダメ!!あんたじゃダメ!!無理ありすぎ!とか身勝手なこと言っちゃったり」

S「せっかく協力してくれた旦那さんに向かってそれはひどすぎるだろ!」

おれ「これだけだったらまだいいよ?気持ち悪っ!!っていう一言で片付けられちゃうケースのほうが多そうじゃない?」

S「自分のこと棚に上げすぎだろ!」

おれ「追いかけてくる偽ヨン様。 逃げる偽チェ・ジウ」

S「サブタイトルは2大妖怪大戦で決まりだな」

おれ「もっと簡単に、妖怪鬼ごっことかでもいいね」

S「ある意味視聴率よさそうだね・・・」
[PR]
by kouichi_311 | 2005-01-10 18:07 | 雑談日記
<< 西川きよしの長女に30歳年上の... 民放は魔裟斗vs山本“KID”... >>