「魔法戦隊マジレンジャー」会見に1万人
テレビ朝日「魔法戦隊マジレンジャー」(13日から、日曜午前7時半)の会見が5日、東京・水道橋の東京ドームシティで行われた。スーパー戦隊シリーズの29弾で、今回は「魔法使いヒーロー」が登場。5人の魔法使い兄弟マジレンジャーが人間界の支配をたくらむ「地底冥府(めいふ)インフェルシア」に立ち向かう。オーディションで選ばれたマジレッド役の橋本淳(18)は「これまでのレッドは20歳を超えた大人の方が多く、プレッシャーがあります」。特別プレミア発表会も行われ、この日と今日6日で1万人動員の見通し。
(gooニュース)

おれ「月日は経っても戦隊ものの人気は衰えるところを知らないねぇ~」

S「なー しかもおれらがガキの頃より映像も凝ってるしな」

おれ「そうそう。 でもさ、今時の子供ってなんか冷めてそうなイメージあるけど、相変わらず戦隊ものが人気ってことは、結局子供は子供ってことなのかね?」

S「どうせ怪人の中には人間が入ってるんだろ~~ とか思いながらは見れないからな。 素直なんだろ」

おれ「テレビゲームの人気もひと段落してる感があるし」



S「な。おれも最近そう思ってたんだよ! 長いことゲームはやってて当たり前みたいなとこがあったけど、今はそうでもないよな」

おれ「ゲーム業界も結構早いからねぇ~ 次の機種次の機種じゃ、ついていけなくなる人がいて当たり前だよな」

S「パソコンの普及も原因のひとつだろうけどね」

おれ「さて、そろそろ本題に入りたいんだけどいいかな?」

S「前置きなげーよ!!早くしてくれ!!」

おれ「いやさ、今回の戦隊ものなんだけどね」

S「なんだか偉い評判よさそうだよな。主役がいいのかなんなのか・・・」

おれ「それはどうでもいいんだよ」

S「ぇ・・・? 結構大事なとこだと思うんだけど・・・?」

おれ「題名ね!おれが言いたいところは」

S「”魔法戦隊マジレンジャー”?」

おれ「それ!! いいか? ちょっと聞いてな?」

S「うん」


おれ「魔法戦隊!! マジレンジャー!!!」



S「なんだよいきなり!!ビックリしたじゃねぇかよ!!」

おれ「どう?」

S「いや、だからビックリしたって!」

おれ「そうじゃねぇよ。 お前さ、”マジレンジャー!!”って言われてどう思った?」

S「ん・・・? どうって言われてもなぁ・・・おれマジレンジャーじゃねぇし・・・」

おれ「だからよ~~ ちょっともう一回ちゃんと聞いて」

S「またやんの~?」


おれ「魔法戦隊! マジレンジャー!!」


S「声ちっちゃ!! てか、読めねぇよ!!!」

おれ「どうだった?」

S「聞こえなかった!」

おれ「マジレンジャーだよ? マジレンジャー。 これ最初に聞いたときはさおれはてっきり、すげーマジなレンジャーなのかと思ったんだよ」

S「うお!ほんとだ!」

おれ「もう、全員7:3分けのスーツ姿でもおかしくないくらいマジな奴らかと・・・」

S「そんな戦隊いやだなぁ・・・マジな奴らってか、まじぃやつらだろ・・・それ・・・」

おれ「うまいこと言うね。 ネーミングよくねぇよ!これ!!」

S「でもさ、魔法戦隊って言ってるんだからいいんじゃないの?」

おれ「子供が聞いて、マジがマジックの略だって分かると思うか?」

S「ダメだな・・・おれもギリギリで分かるくらいだし」

おれ「いっそのことマジなレンジャーにしちゃえばいいんだよな」

S「そうだよ!マジレンジャーは集中力が100%に達すると変身するのだ!!」

おれ「変身シーンはいつも筆記用具を片手に持って!」

S「へーんしん! と言いながら”サインコサインタンジェント”ってつぶやき続ける!」

おれ「そう!まるで呪文のように!」

S「レッドくらいになると、歴史の年表の語呂合わせをつぶやき続けるんだよ」

おれ「まじで? それすげーマジなやつじゃん」

S「だろ?1192(イイクニ)作ろう鎌倉ばぶしっ!!!」

おれ「大事なとこでくしゃみすんなよ!!!」

S「すまん・・・おれ不真面目だからよ・・・」

おれ「マジレンジャー見てちょっとは真面目になってくれ」

S「いや・・・だからマジックだからね・・・マジレンジャーは」

おれ「忘れてたわ・・・」
[PR]
by kouichi_311 | 2005-02-06 21:13 | 雑談日記
<< ごめんよ・・・エキサイト・・・ エキサイトよ!頑張ったじゃん!! >>