なっちから始まる、ヒッキーが不細工だと!!
おれ「なっち復活したみたいね」

S「おうおう。まぁあんなもん大したことじゃないからな~」

おれ「この辺は前に書いたからいいとして・・・アイドルってなんであんなに熱烈なファンがいるんだと思う?」

S「そりゃ可愛いかったりかっこよかったりするからだろ」

おれ「当たり前だな。 でもさ、街中を歩いてて可愛い子見かけても、キャーキャー言われたりしてないだろ?」

S「せいぜい視線が集まるくらいなもんか」

おれ「そこだよ!!視線が集まるってことはそんだけ見たい人がいるってことなんだよ!」



S「うんうん」

おれ「芸能人ってのは見られることが商売なわけで、好きなだけ見れるし、キャーキャーいえるわけ!ファンをむげに扱うわけにはいかないからね」

S「なるほどね~ ってことは、一般人にキャーキャー言ってもよくなったらアイドルは廃れるのかな?」

おれ「その表現は正しくないな。アイドルの活躍の場が変わるだけで、廃れることはないだろ」

S「でもさ~、今ネットアイドルとかいるじゃない?」

おれ「あぁ。おれはあんまり知らないけどな」

S「前に友達から教えてもらったやつがいるんだけどさ、そいつネットアイドルのくせに2chで思いっきり叩かれたらしくてね・・・」

おれ「よっぽどやばかったんだろうな・・・」

S「おれも見てみたわけよ・・・まぁ見てくれはもちろんダメなんだけどね」

おれ「うん」

S「歌がすごかった!! お経かと思ったよ!!」

おれ「よくそんなの公開するよな~ 他人に公開されちゃってるんじゃね?」

S「その可能性もなきにしもあらずだな」

おれ「あ!ちょっと話変わるんだけどさ、さっきおれヒッキー聴いてたのよ」

S「本当にいきなり変わったな・・・」

おれ「たまにはいいじゃねぇか。 んでさ、ヒッキーが初めてTVに出たときのことを思い出したわけ」

S「懐かしいお話だねぇ~ HEY×3だっけ?」

おれ「たしかそうだったと思うわ!んでな、次の日におれが普通に歩いてるときにさ、後ろから女子高生の2人組みが接近してきたわけ」

S「おぉ!ドキドキじゃんよ!!」

おれ「いや、そこはいいから! やっぱり近くまでくると何話してるのか聞こえたりするじゃない?」

S「声でかいヤツは特にな」

おれ「ちょっと再現するわ!」

S「はいはい」


女子高生1「ねぇねぇ。昨日のHEY×3見たー?」

女子高生2「見た見た!やっぱりヒッキー歌うまかったね~」

女子高生1「うんうん!すごいいい声してるよね~」

女子高生2「でもさ、思ったより可愛くはなかったよね」

女子高生1「ちょっと太くなかった?」

女子高生2「やせたらもうちょっと可愛くなるかもね~」



おれ「お前がやせろ!!このデブサイクどもが!!!」


S「なんだよ!いきなり!」

おれ「いや、確かにちょっと眉毛太いかな~?とか思ったけどさ。決して不細工じゃなかったじゃんかよ!それをあいつらよーーー!!!」

S「頼むから勝手に思い出して勝手に切れないで!!」

おれ「お前もむかつくだろ!この怒り・・・この怒り・・・・うがああぁぁぁぁ!!!」

S「分かったから!もうしないから許してやってよ!!」

おれ「ふぅ~・・・・(ぷるぷるしながら。手のひらにはうっすらと血が・・・)」

S「ちなみにさ、その女子高生たちは本当にデブサイクだったのか?」

おれ「いや、普通の子だったよ」

S「とりあえずお前がもうちょっとマシになってから意見するんだな」

おれ「どういう意味だよ!!!」

S「そのまんまの意味だけど?」

おれ「あ~、生まれ変わりてぇ~~」

S「”かっこよく”が抜けてるぞ」

おれ「うるさいから!!!」
[PR]
by kouichi_311 | 2005-02-12 15:25 | 雑談日記
<< 波田陽区「全米デビューします」 カンニング竹山“大ヒット”テレ... >>